社会に出る前の予行練習!やっておいて損はない?

就職試験のハードルは高い

学生にとって、就職試験って大きなハードルですよね。エントリーシートを一生懸命埋めて提出することから始まって、なんとか第一関門を突破して、やれやれ。いざ面接という段になったとします。大人の面接官を目の前にすると(しかも相手は百戦錬磨の強者)、緊張してしまって、結局何も話せなかったという経験をする人って、多いのではないでしょうか。学生のころって、サークルなど同年代とのつながりはあるけれど、大人と話す機会って、ほとんどないですから、仕方のないことなのかもしれません。

学生のうちに大人社会に触れておく

学校には、良くも悪しくも、似たような環境で育った、生活レベルも同じくらいの学生が自然と集まってきます。よく言えば居心地のよいぬるま湯的環境にどっぷり浸かっている感じ。でも、社会にでると、いろんな人がいます。大人社会に突然飛び込むと、戸惑ったり、こんなはずじゃなかったと思うことも多いでしょう。そんな時、バイト経験の有無が生きてくるのです。社会ってこういうものだとわかって入っていくのと、何も知らずに飛び込んでいくのでは、大きな違いがあるのではないでしょうか。

バイトは大事な人生経験

人生で経験したことで、無駄になることはひとつもないと言っても過言ではありません。特に、若いころにいろんな経験を積んでおくことは、人生において、おおいにプラスに働いてくれることでしょう。学生時代のバイト先が気に入って就職したという話もよく聞きます。どこにどんな出会いが待っているかは、未知数です。一度、バイトしてみたいけど、なかなか勇気が出ないでいるのなら、思い切って新たな一歩を踏み出してみませんか。

ソフトバンクの求人を探すには、ソフトバンクの公式のホームページを検索して、求人欄を見ると一番早く最新の求人情報を見つけられます。