一生思い出に残る先生とは?それは保育士!

小さくても「人」!初めての教育にどうかかわる?

人生において初めて集団生活を送る場所。それはきっと幼稚園か保育園となる人がほとんどでしょう。つまりは保育士とは人が初めて教育を受ける瞬間のお手伝いをすることができるやりがいのあるお仕事と言えますね。仕事でかかわるのはモノではなく人間。小さくても人格のあるれっきとした「人」たちなのです。初めての集団生活で慣れない子供たちは、小さいながらに主張したり集団生活のルールに従おうと努力してみたり、保育士はこういった一つ一つの成長を助けたり正しく導いたり、大忙しながらも人の人生において基盤となる土台を一緒に作り上げていく大切なお仕事です。

将来は先生のお嫁さん・・・?

保育園や幼稚園の頃の思い出ははっきりと思い出せなくても、場面場面は思った以上に覚えているもの。遠足や運動会、お遊戯会などの思い出はなんとなく先生の笑顔も一緒にぼんやり思い出されるという人もいるでしょう。幼稚園の先生が初恋だったなんていう人も多いのでは?保育士というのは子供たちが関わる初めての「家族以外に教育してくれる人」なのです。幼稚園や保育園に通う子供たちのハートの大部分を占めてしまう大事な人なんですね。

体力と笑顔は必須・・・!

子供と実際に触れあっている時間以外も保育士にはたくさんのお仕事があります。行事のプランや準備、季節に合わせた遊びを考えたり、保が護者へのお便りの作成など。常に子供たちが楽しめて学ぶこともできることを、安全第一を念頭に話し合うのです。大勢の子供たちを相手に体力勝負でありながら、エンターテイナーであることも求められてしまうなかなか大変なお仕事ですが、必ず笑顔に直結するやりがいのあるお仕事でもあります。園にいる数年間で驚くほど成長する子供たちを見守ることができるのですから。

保育士の求人なら神奈川を探すメリットについては、今や幅広い年代の求職者の共通のテーマとなっています。