知っておきたい!夏休み短期バイトの基礎情報

夏休み短期バイトのメリットとは

夏休みのバイトは短期間だけ募集されているものが多いため、長期の休日を活かしてお金を稼いだり、あるいは新しい出会いを求めている人には最適の仕事だと言えるでしょう。また、未経験でもOKな職場も多いため、初めてバイトを経験する人にとっても好都合だと言えます。さらに、海や山といったリゾート地での仕事など、夏を楽しみながら出来るバイトもあるため、単にお金を稼ぐことだけではない仕事を選ぶことも可能だと言えるでしょう。

夏休み短期バイトの種類とは

夏休みの短期バイトの種類としては、リゾート系バイトや、レジャー施設のスタッフ、そして行楽地や繁華街の飲食店などがあります。つまり、夏の繁忙期に合わせて臨時スタッフを募集しているということです。なので即戦力を求められる場合も多いと言えますが、基本的には未経験でもOKの職場が多いため、面接の際はヤル気をアピールするのもよいと言えるでしょう。また、それぞれの職場で役に立つような資格を持っている場合は、採用のときも有利になると言えます。

夏休み短期バイトの期間やバイト代とは

夏休み短期バイトで働く期間は、10日から2週間程度が一般的だと言われています。しかし短いものだと数日だけ働くという場合があるほか、夏休み期間をフルに活用して、1ヶ月~1ヶ月半程度働くというケースもあります。働く期間については、仕事の募集内容によって変わるので、自分がどれだけの期間働けるのかや、どれだけ稼ぎたいのかなどの希望によって選ぶ必要があるでしょう。またバイトで稼げる金額については、ごく短期であれば3万~5万円程度で、10日以上働く場合は5万~10万円程度というのが相場だと言われています。

リゾートバイトは観光シーズンなどの繁忙期に学生が長期の休みなどを利用して短期間で稼ぐことが出来ます。